次期メインPC自作記(番外編)

大満足に終わった自作PCですが,排気温度が非常に高いので,市販のPC用温度計を設置してました.(吸気,排気を見られる様に2chになっているモノ)
DSC05650.jpg

ですが,デザインがいまいち&温度センサの配線の取り回しがめんどくさい(特にPCを開け閉めするときにいちいち取り外さなければならない).等の不満が多々有り,「これくらいだったら俺の方が良いモノ作れるぜぃ!」と思っていました.

そんなわけで,この昨日今日の休みをフルに利用して,作っちゃいました!w
DSC05695.jpg

基本構成品はPCの内部に入る温度センサユニットと,外部用のモニタユニットに分かれています.温度センサユニットとモニタユニットはコネクタ等での接続ではなく,赤外線通信を実装しました.

DSC05640.jpg
温度センサユニット.
吸気,排気温度を見るために温度センサx2,通信用に赤外線LED1個搭載してます.
コントローラとしてAVR Tiny13Aを使っています.こちらはアセンブリでプログラム書きました.

DSC05643.jpg
外部ユニット.
左側が赤外線受光ユニット兼電源部(電源はUSBから供給).右側はLEDディスプレイ(HDSP-2111)を使ったモニタユニット.
これらの間はステレオピンジャックで接続してます.
コントローラとしてAVR Tiny2313Vを使っています.こちらはCでプログラムを書きました.
DSC05646.jpg
赤外線受光ユニットとモニタユニットの基板の裏にはネオジム磁石を接着してあります.
(ネオジム磁石は赤外線受光ユニットのは100均のマグネットから,モニタユニットのは故障したHDDから取りました.)
これにより,取付,取り外しが大変楽になりました!!w

PC内に温度センサユニットを組み込み.ハーネスを適当にあわせてから,しっかり固定しました.
基板は強力両面テープで固定しています.
DSC05654.jpg
DSC05658.jpg

排気部の温度センサはPCケースの隙間から温度センサを出して排気ファン前に固定.
赤外線受光部はPC内部の温度センサ部の赤外線LEDの方向を向くように設置(これはかなりアバウトでOK).
DSC05667.jpg
赤外線だけあって,隙間があれば容易に通信できますね!w

んで,吸気温度は一番最初の写真の様に「int:XX.X」と表示され,排気温度は↓の様に表示されます.精度は0.5℃刻みになっています.
DSC05689.jpg

ちなみに,intは"intake",exhは"exhaust"の略で,約1秒間隔で表示が切り替わります.
また,モニタ部の電源はUSBから取っているので,PCの電源が落ちているときは自動的に落ちるようになっています.


本当は"℃"表示をしたかったのですが,オリジナルフォントを作るシーケンスがめんどくさいのとモニタユニット側のマイコンのROM容量がいっぱいいっぱいだったのでやりませんでしたw
(短時間に完成させるためにstdio関数を使ってるのが原因…)

まぁ,デバック用ピン(モニタユニット部の左側に飛び出てるやつ)を残しているので,時間が有るときにプログラムを組み直そうと思います.

何はともあれ,自分の満足のいくモノが出来たので,大満足!!
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いえなが

Author:いえなが
一応,ニコニコ技術部所属.
趣味で電子工作,プラモ,フィギュア作りや3Dモデリング,登山をやっております.

電子工作はAVRマイコンからFPGAを使ったモノまで色々やっています.
プラモの方はカーモデルと戦闘機メインで,色々作ったりしています.
最近はガレージキットのフィギュア作りもやっています.

愛車はSUBARU Legacy BP5 B-sports.
旅行や登山に大活躍してもらっています.
ルーフテントを乗せたことで,車上泊をしまくり!


本Blogに載せている工作物のソースや回路図,3Dモデルのデータを参考にしたいと言う方がいらっしゃいましたら,遠慮無くご連絡ください.可能な限り提示します.
ただし,素人故,ソース及び回路図が見にくい&無駄が多いことがあるかと思いますが,ご容赦ください(^^;)

直接の質問,連絡は下の「メールフォーム」までお願いします.

ienaga's product
社畜ちゃんスケールフィギュアキット販売中!!

社畜ちゃんミニフィギュア販売中!!

Nikon, Canon, Pentax, OLYMPUS, Sony, SIGMAのデジタル一眼レフで微速度撮影をできる様にする「マルチインターバルタイマリモコン2(SMD版) 」絶賛販売中!



マルチインターバルタイマリモコンに推奨なアイテム:



インターバルタイマリモコンはAmazonベーシック充電池もしくはモバイルバッテリを使用することを推奨しております.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TimeLapse動画販売
ienaga's productである「マルチインターバルタイマリモコン」を使用して OkometubuY氏が撮影した 微速度撮影動画を素材として購入できます!

Fotolia
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
つぶやき@Twitter
TweetsWind


いえなが的お勧めアイテム
いえながが工作の際に使用しているアイテムや本です.選りすぐりのモノを使って工作効率up!!.
RSSリンクの表示
リンク
宣伝